リハビリライター

商品レビューやその日の気になった事なんかを書いていきます

【妻の妊娠22週目】切迫早産がなかなか良くならない。自宅安静継続中

f:id:jiyuniikiru:20190531223042p:plain

妻は妊娠21週目で切迫流産と診断されました。

頸管長が短くなってしまっている為、自宅安静となり、仕事に行く事はおろか、家事も出来ません。

今回は経過観察の為、再度受診した為、経過を報告していきます。

頸管長は35mmまで回復

本日の受診で内診をしていただき、以前は30mm程度まで短くっていた頸管長ですが、35mmまで無事に回復していました。

産婦人科医からは、「ひとまずは安心しても大丈夫」とのお言葉も頂き一安心です。

しかし、まだ油断はできない状況のようなので、自宅安静は継続中です。

 

里帰り出産の断念がなかなか難しい

前回の受診から言われていたのですが、この時期から自宅安静が必要な状況で里帰りをすることはあまりお勧め出来ないとのことでした。

今住んでいる所から妻の実家へ行こうとすると、車で5時間、新幹線を使っても4時間程度掛かってしまいます。

万が一、移動中に何かあった場合に対応が遅れてしまうとのことでした。

妻の両親にとっては初孫になる為、妊娠を報告した時にこれでもかと言うほどに喜んでくれました。

「里帰りで産んで欲しい」と妻の両親から言われた為、里帰り出産を考えていました。

妻自身も母親が近くにいてくれることで安心するからと里帰り出産には前向きでした。

産婦人科医からは「里帰りはお勧め出来ない」と言われていますが、妻自身まだ決断することが出来ないようです。

出産する産院の予約を取りなおさなければいけない為、次回の受診までに考えてと言われています。

妻がどのように決断するかはまだ分かりませんが、夫としてサポートしていきたいと所です。