リハビリライター

作業療法士、回復期リハ、訪問リハ、通所リハ立ち上げ中。リハビリ関連や気になった事を書いていきます

ローランド本を読んだらファンになった

この世の中には2種類の男しかいない 俺か、俺以外か。 一度は言いたいそんなセリフ。 YouTubeにあるホストのドキュメンタリーが結構好きなので、気になって読んでみました。 ホスト時代の話とかが書いてあるのかなぁ〜と何となく読み始めて見たけど、ローラ…

切迫流産・早産で妻が自宅療養中。夫の生活はどうなる?

私の妻は21週にして切迫流産と診断されました。 それ以降、現在も自宅安静となっています。 切迫早産について知りたい方はこちらの記事をどうぞ www.rehabiliwriter.com 切迫流産・早産での入院の基準 自宅安静にも様々ある 自宅安静中の妻の生活 妻が自宅安…

歩行器とシルバーカーの違いは?作業療法士が解説!

どちらも歩行補助具ですが、歩行器とシルバーカーは似て非なるもので、用途や目的や異なっています。 歩行器とシルバーカーの違いについて知らないまま買ってしまうと、「思っていたのと違う」「数回使って、買い替え…」なんて事になってしまうので、注意が…

リハビリに適した靴はどんな靴?作業療法士が提案!

病院に入院してリハビリを受けている方の中には、病院側から「靴を用意して欲しい」と言われた経験があるのではないでしょうか。 悩むことなく、病院の売店に売っている安い靴を買ってしまうと後々買い替えなんてことになり、無駄な出費になってしまいます。…

作業療法士にオススメの副業3選

病院や施設で働いている作業療法士の中には「作業療法士の年収ってこんなもの??」と思っている方も多いと思います。 療法士の給料は、20代前半としては、比較的高収入として位置付けられるかも知れませんが、昇給はスズメの涙程度の病院・施設が多いため、…

【妻の妊娠22週目】切迫早産がなかなか良くならない。自宅安静継続中

妻は妊娠21週目で切迫流産と診断されました。 頸管長が短くなってしまっている為、自宅安静となり、仕事に行く事はおろか、家事も出来ません。 今回は経過観察の為、再度受診した為、経過を報告していきます。 頸管長は35mmまで回復 本日の受診で内診をして…

作業療法士の学校は3年制と4年制でどちらが良いのか

これから作業療法士を目指そうとしている方の中には3年制と4年制のどちらを選んだら良いのかと悩んでいる方がいるかと思います。 どちらにもメリットとデメリットがあります。 3年制のメリット 学費が安い 短期集中で国家試験が受けられる 比較的入学しやす…

妻が21週目にして、切迫流産と診断されました

このブログでは、主にリハビリの事を中心に書いていましたが、今回は妊娠中の妻について書いていきたいと思います。 療法士は比較的、若い世代が多い職業である事から、今後私と同じような境遇、悩みを持つ療法士の方も出てくるのでは?と思ったのでこのブロ…

ダラダラと数年間、訪問リハビリを続けていませんか?訪問リハビリを終了する時期について考えてみた。

日頃、訪問リハの仕事をしていると利用者さんの目標は達成しているにも関わらず、ダラダラと何年も訪問リハを継続してしまう場合があるのではないでしょうか。 私自身、かなりあります。 そこで今回は、訪問リハビリの終了時期について改めて考え直してみま…

マインドフルネス瞑想の効果と実践方法

GoogleやApple、ファイスブックなど、アメリカの大企業が教育の一環で取り入れているのが、マインドフルネス瞑想です。 マインドフルネス瞑想には、緊張を緩ませ、体をリラックスさせる効果や集中力を高める、ストレスの軽減と言った様々な効果があると期待…

歯の少ない人は認知症になりやすい!?電動歯ブラシの勧め【口コミ】

先日、女性セブンを読んでいたら「歯の少ない人は認知症になりやすい」という記事を見つけました。 日本人は外国人に比べて、歯医者へ行く回数が極端に低いのは有名な話かと思います。 口腔ケアへの意志が低い事が認知症に繋がると言う事です。 今一度、口腔…

死因上位の誤嚥性肺炎の原因は就寝中にある?

死因上位である誤嚥性肺炎ですが、軽視されやすい病気の1つです。 初期段階では気がつかず、重症化してしまうケースが多く見られます。 そんな誤嚥性肺炎ですが、原因は就寝中に引き起こされるマイクロアスピレーションも原因の1つとして考えられています。 …

【作業療法士年収】5年目作業療法士の給料公開

下の記事からも分かるように、現在リハビリ関連の仕事が注目を集めています。 資格取得後の年収について気になっている方も多いと思うので語っていきたいと思います。 www.rehabiliwriter.com 理学療法士・作業療法士の平均年収 リハビリライターのスペック …

高齢者ドライバーによる交通事故の原因と対策を考えてみた

最近、高齢者ドライバーによる交通事故がよく報道されています。 今回は高齢者ドライバーによる事故について現在の対策を交えつつ、原因、対策について考えていきたいと思います。 高齢者ドライバーに対して現在行われている対策 認知機能検査 時間の見当識 …

10人に1人が悩んでいる腰痛。原因は年収にある?慢性腰痛には「認知行動療法」が有効。

厚生労働省が2年に1度行っている国民生活基礎調査で腰痛は有病者率の首位を長年キープしています。 腰痛には様々な原因があると考えられていますが今回、国立大学法人東北大学大学院歯学研究科により腰痛の有訴には1.1〜1.2倍の社会経済格差が関係している事…

はてなブログ「Pro」のメリット・デメリットまとめ

はてなブログには「Pro」と呼ばれる有料サービスがあります。 今回は、はてなブログを「Pro」へ変更したので無料と有料のサービスの違いについて追加される機能を解説していきます。 はてなブログの「無料」と「Pro」の違い 追加機能① 広告削除 追加機能② 独…

二日酔いで引き起こされる頭痛の原因とその解消法とは?

毎日働いているサラリーマンにとって 二日酔いと嫌いな上司が大敵だと思います。 上司の対処はなかなか大変ですが、飲み過ぎた翌日の二日酔いの解消法は自身で身につけていきましょう。 二日酔いと聞くと、頭痛、吐き気、胸焼け等が思い出されると思います。…

【必読】介護保険サービスの利用手順とは?介護保険の悩みを解決します!

40歳以上の方は介護保険料を徴収されているけど、どのようなサービスを受けられるか理解している方は少ないと思います。 また、家族が要介護状態になった方やこれから介護保険の分野で働き始める療法士さんも不明瞭な部分もあると思います。 いざ利用する時…

作業療法士の就職先と気になる施設別の特徴は?

作業療法士は、今や医療・介護をはじめとした幅広い分野で活躍しています。 今回は、作業療法士にはどのような就職先があるのか、 施設ごとにどのような特徴があるのかをまとめていきます。 そもそも、リハビリってどんな仕事なの?という方は、こちらの記事…

【文献抄読】脳卒中片麻痺例に対する麻痺肢の筋力トレーニング

日々、臨床を行なっていると麻痺側の筋力低下が著しい患者さんが多くいます。 麻痺側の筋力トレーニングはどんなふうにやって良いのだろうかと疑問を持っている方も多くいると思うので文献の紹介をしていきます。 引用文献詳細 要約 はじめに 脳卒中片麻痺の…

【投資】投資信託始めました〜楽天・全米株式インデックス・ファンド〜

今回は、 何故投資をするのか、 投資先は何がいいのか について、僕の考えを書いていきます。 私はもっぱら貯金だけ とか 投資は何となく怖いから と言う方には一度読んでいただきたいです。 はじめに 何故貯金ではなく、投資がいいのか? 投資をするといく…

【リハビリ】理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)とは?

リハビリに携わる職種は大きく分けて3つある 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士です。 音楽療法士等ががいる施設もありますが、 主に関わる職種は上記の3職種になります。 療法士名だけでは、それぞれの特徴が分かりにくいと思うので、 今日は3職種別の…

女子高生の将来なりたい職業ランキングへランクインしたリハビリの仕事とはどんな仕事なの?

リハビリって言葉は聞いたとこある。 体動かすやつでしょ? みたいな感じで、何となく分かるけど、 詳しく知らない人も多いと思うので、 日本の現状を交えつつ、 解説していきたいと思います。 日本の現状 リハビリテーションとは? リハビリは機能訓練だけ…

時間の活用法 〜時間を有効活用しよう〜

時間を有効活用しよう 帰宅直後が勝負の分かれ道 時間の使い方を整理する 自分のキャパを知る 以前紹介したProgateをちょこちょこやってるがこれがなかなか覚えられない 元々、暗記が弱いのが関係していると思うけど笑 ゲーム感覚でやって概要は理解出来るけ…

0から始めるプログラミング学習

近年、プログラミングの注目度は高く、 2020年からは 小学校でプログラミングの授業が始まる というニュースがあり、話題になりました。 もう、小学校に通えない私は 独学の他ありません。笑 プログラミングスキルを持った ライバル達が量産される前に 学ん…

トヨタの社長が言及「終身雇用は難しい」終身雇用制度の崩壊

終身雇用の終わり 若い世代の方にとっては、終身雇用って言葉は聞いた事があるけど、詳しくは変わらないと言う方もいるのではないでしょうか。 終身雇用とは? 正社員として企業に就職した場合、定年まで雇用され続けるという雇用形態です。 企業にとっては…